読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の名前は利部真太朗

ハタチ世界一周記

最後の最後までうんこたれコルカタ空港。

7月3日

コルカタバンコク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルカタのうんこ宿をチェックアウトして昨日の映画館に足を運ぶ。

 

今日は昨日から気になってたバリバリのインド恋愛映画。

 

f:id:kagabushintaro:20160707015440j:plain

 

 

 

全部ベンガル語なので分からないって言えば分からないけど、インド映画は展開が優しいものが多くて理解しやすかった。

 

 

上映中はとにかくよく踊る。

主人公がウキウキしてきた展開になったらミュージックビデオのようになって、キャストも全員踊り出す。

 

まあとにかく昨日見た訳分からないSFよりは100倍面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

外に出ると雨。雨が多かったインド。

もうしばらくこの国は来たくない。

 

 

 

雨が多かったからという理由じゃなくて、昨日書いたようにこの国は一回でいれる時間は2週間が限界だと思う。

旅の終わりかけは特にそう感じる。

 

 

カレー以外のものを食べれる。うざいインド人から解放される・・ようやく衛生状態がよくないインドから離れられる・・

 

とにかく一刻も早く出国したい。

 

早く、「バンコク」という牛のいない近未来都市に行きたい。考えるだけでドキドキとウキウキが止まらない。

まあこんな気にさせてくれるインドにはある意味お礼を言いたい。

 

インドには悪いけど刑務所から出所できる感覚だろうか(入ったことないけど・・)

 

 

 

でも、少し時間が経つとこの住みにくいインドも恋しくなってくると思う。

 

1年前来て帰る時もそうだった。

 

 

「不便すぎ。二度と来るかこの野郎!!」

と暑くなってたけど、

 

一ヶ月後あたりから「なんかあれはあれで楽しかったなあ」と、旅行ではなく冒険心で旅をしていた自分を思い出しまた行きたいかもと思った。

 

 

そして結果今回も来た。

 

だから今は死ぬほどインドを出たいけどこれがまた少し時間がたったら来たくなるんだろうな・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市内からはタクシーで空港へ。(300ルピー)

 

f:id:kagabushintaro:20160707022453j:plain

f:id:kagabushintaro:20160707022459j:plain

 

 

 

出国審査。

 

 

 

 

係りのオジサンが凄い勢いで質問をしてきた。

 

 

「お前はいつインドに来たんだ?何時に着いたんだ?詳しく教えろ」

 

 

「確か18くらいじゃないですかね。便とか何時とかそういうの覚えてないです」

 

 

「真剣に答えろ。なんで隠す必要があるんだ?出国させないぞ」

 

ちょっとカチンときた。

なんでそんな細かいことまで答えなきゃいけねーんだ相変わらずこのうんこたれインド人が!と思いながらも、最後は後味よく出国したい。

抑えよう。

 

 

「最初はどこに着いた?その次は?コルカタまでの行程を全部言え。ムンバイはどこのホテルに泊まった?バラナシはどこだ?何をしに行ったんだ?コルカタはどこだ?インドに何しに来たんだ?ホテルの名前を詳しく言え。ホテルの名刺を見せろ。早く言え。」

 

 

 

うるせええええええ!!!!!!

 

 

うるせえバカハゲジジイ!!と叫ぶところだった。

さすがに言わなかったけど態度に出てしまったのか、ジジイも不機嫌になる。

 

 

コルカタのホテルの名刺を出せ!!じゃなきゃお前は出国させん!」

 

 

ここで隣のカウンターで出国を終わらせたこうきがフォローに入ってきてくれてホテルの情報を言ってくれてなんとか解決。助かった。相棒。

 

 

しかしその後も機嫌を損ねたうんこジジイは質問を続けてくる。

 

 

「年いくつだ?インド楽しかったか?日本で何やってる?学生?何学科だ。何年生だ」

 

 

 

しつこすぎてカレー頭からぶちまけてやりたかったけど抑える。

 

面倒臭かったので大学で経済学を専攻しておりますと最後だけ嘘ついてようやく終わった。

 

 

パスポートを投げるように渡してきたオヤジは最後まで睨んでいた。

 

 

 

 

 

やっぱりインドは嫌いだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イライラしながら保安検査場へ。

 

 

 

「あなた、タグは?」

 

 

チェックインの時にタグを渡されていた。機内持ち込み手荷物一つにつき一つのタグを荷物につけなければいけないらしい。

 

 

今まで使っていた空港では例えタグを渡されてもだれもチェックしてなかったけど、インド人はこういうのをしつこくチェックしてくる。

 

僕は持ち込み手荷物が二つあったけれど航空会社からは一つしか渡されていなかった。

 

 

「もう一回カウンターからもらってきて」

 

 

 

一つのちっこいタグのために鬼のようにならんでハゲジジイがいる出国審査のとこもう一回戻ってカウンターまで行きなさいと???

 

 

「別にいいじゃん。戻るの面倒くさい。」

 

 

「取りに行きなさい。じゃないと荷物チェックしないわよ」

 

 

 

ババア!!!(´Д` )

 

 

 

二つの手荷物をどこまでも一つにまとめると言って逃げるように検査場に行った。ババアも最後まで睨んでいた。

 

 

 

 

VISAとかこういう訳分からない事を厳しくする前に、ポイ捨て厳禁とか治安良くすための町のルールとかを厳しくしてほしい。切実。

 

嘘つけ!!! 

 

f:id:kagabushintaro:20160707022514j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりこの国は嫌いだ。

 

最後までやってくれる。

 

 

一ヶ月後自分がどうなってるか楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周ブログ村に参加しています。

このバナーをクリックすると僕に一票が入るみたいなのでお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

相棒のインスタのお願いします。

www.instagram.com

コルカタで映画。

7月2日

コルカタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼11時頃にコルカタに到着。

 

一応市の人口密度はデリーやムンバイ以上で世界屈指のメガシティのコルカタ西ベンガルの州都でもある。

コルカタも1年ぶりだ。

 

 

 

 

 

早速ハウラー駅に着いてからガンガーの支流であるフーグリー川をフェリーで渡る。

 

f:id:kagabushintaro:20160706021734j:plain

 

 

 

メガシティといえどもビルは皆無で汚い屋台やゴミだらけで世界一汚い街とも言われている。

とにかくどこに行っても人。人。ゴミ。動物。ボロ屋台。のみ

 

将来世界経済の主役になるってどっかで見たけど、こーいうのを見てると本当に大丈夫かと思ってしまう。

 

f:id:kagabushintaro:20160706022157j:plain

 

 

 

 

 

 

宿を探すのも一苦労。

 

コルカタの宿は高いくせに設備がひどくとコスパが最悪。

オンラインで予約し忘れた僕らはサダル・ストリートというバックパッカー通りにある宿を手当たりしだいに訪れた。

 

 

みんなふっかけてくるし荷物重いしあっついな・・てか湿気がすごい。

雨降ってきた。

 

 

 

気分は最悪。

 

ぼったくり野郎どもにイライラしながら、ようやく満足とは言えないけどマシな宿を探し出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

宿に荷物を置いて少しダラダラしてから外出。

 

バラナシは晴れてたけどコルカタは雨。雨季まっしぐらですね。

近くに映画館があったので外でやることもなかったので行ってみる。

 

 

f:id:kagabushintaro:20160706024405j:plain

 

 

 

 

INDEPENDENCE DAY

 

f:id:kagabushintaro:20160706024431j:plain

 

 

 

見るからにインド映画ではなく洋物だ。しかも上映まであと30分。

 

IN HINDIって書いてるのは字幕のことかな?音声が英語だったらいいなあ。てかチケットは70ルピー(105円)だからこれで洋画見れたら安い。期待をもってウキウキして入場

 

f:id:kagabushintaro:20160706024423j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果。

音声はベンガル語に吹き替えされていました・・。

 

欧米人がベンガル語を話すという、意味の分からない設定であまり楽しめませんでした。

 

 

いやいやダブルで分からんわ!!

 

とツッコミたかったけど仕方ない。明日また来よう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、明日ついにインドを出てバンコクに行きます。

 

嬉しすぎてうんこ漏れそうです。

ちなみにコルカタではまだ漏らしていません。耐性がつきました。

 

 

とにかく、このインドという他国とは良くも悪くも違う点が多い国で、長い間生活していくのはやっぱり辛い。

よく、「1年インドにいました!」とかいう人いるけど本当に尊敬する。

 

 

2週間が限度だな・・。

 

 

 

 

嬉しいのと同時に、こうき君と二人でのアジア旅もバンコクで解散するので終了となります。

男二人で長期間一緒に過ごすってゲイみたいなことしてたけど、いざ終わるとなると寂しい気もするな・・(ゲイではありません)

 

 

 

 

 

 

そんな思いを抱きながらのインドで最後の夜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周ブログ村に参加しています。

このバナーをクリックすると僕に一票が入るみたいなのでお願いします。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 相棒のインスタもお願いします。

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

 

{タイトル名変更のお知らせ} シンタロ、筆侍やめるってよ。

7月1日
(バラナシ〜コルカタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kagabushintaro:20160704170506j:plain

f:id:kagabushintaro:20160704170632j:plain

f:id:kagabushintaro:20160704170606j:plain

 

 


今日もオールして朝日を見に行った。

二日連続朝からガンガーに来る僕たちは絶対そこらへんのなんちゃってヒンドゥー教の奴らよりヒンドゥー教徒精神が強いな・・


ということで昨日のスカーフをつけて一枚。

 

f:id:kagabushintaro:20160704170723j:plain

 

 

 

 

ただヤりたいだけ。

 

f:id:kagabushintaro:20160704170730j:plain

 


おばちゃんにも絡まれる。

 

 

 

f:id:kagabushintaro:20160704170749j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はバラナシを出る日。


インドを旅してきて今回も間違いなく一番良かった街だった。

この素晴らしい街でやりわすれたことが一つ。

 


「書道」

 


以前、ブログの名前を変えると悩んでおりましたがバラナシで最後に書道をすると決めておりました。

実際しようと思ってたんですけど、、あのー、バラナシさんが予想をはるかに超える晴天だったもので日中は外にでるやる気が阻害されて、、

 

 


すいません。

というかもうトータルで1ヶ月半以上してませんでした・・さぼりすぎですね。

 

 

 

 


本日をもって名前を変えたいと思います。

 

「僕の名前は利部(かがぶ)真太朗」

 

なかなかシンプルで良くないですか?ちなみに相棒からのアイデアを盗み取りしました。

僕、苗字よく間違えられるんですけどリブとかリベとかトシベでもなくカガブって言います。

 

引き続き宜しくお願いします。 

 

 

 


夕方4時45分発の電車。

待合室で待っていても一向に電車は来ない。辛い。

 

 

インド人のものまね。のつもり。

 

f:id:kagabushintaro:20160704170803j:plain

 

 

 

結局4時間遅れで電車が到着して出発。

14時間ほどの寝台列者でコルカタのハウラー駅まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周ブログ村に参加しています。

このバナーをクリックすると僕に一票が入るみたいなのでお願いします。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

相棒のインスタもお願いします。

www.instagram.com

バラナシの商人

6月30日
(バラナシ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オールした目的はただ一つ。

ガンガーの朝日を見にいくこと。日の出は5時過ぎ。

 

f:id:kagabushintaro:20160704055650j:plain

 

家の屋上からはもう朝日が見えてくるところだった。

 


駆け足で下に降りてガートへ向かう。


インド滞在はほとんど天気が悪くて綺麗な朝日が見れなかったけど、ここバラナシに来てようやく綺麗な朝日を見ることが出来た。

 

f:id:kagabushintaro:20160704055641j:plain

 


「ボートボート!!!」


と朝っぱら5時から紙タバコをくわえたおっちゃんが寄ってきた。

 

 

f:id:kagabushintaro:20160704055652j:plain

 

 

朝日を見ながらガンジス川をボートで渡らないかという勧誘。ボートは乗り合いのデカイものと、二人だけでいける小さいボートがある。

いくら?と聞いたら、


「小さい船でセブンハンドレット」


と平気な顔をして口に入った紙タバコを飛ばしながら話してくる。汚いしぼったくりすぎ。

 

 


色々他を当たったら結局100ルピーでいけることになった。

 

f:id:kagabushintaro:20160704055737j:plain

 

実際にボートで渡ると、ガンガーの大きさとガートの長さを身にしみて感じれる。

こうきも真剣に写真撮影。

 

f:id:kagabushintaro:20160704055807j:plain

 

日が完全にあけてきたところでガートに戻って宿戻り爆睡。

 

 

 

f:id:kagabushintaro:20160704055719j:plain

 

f:id:kagabushintaro:20160704055916j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 


昼2時頃起きてから適当にご飯食べてたら、暑すぎて焼け焦げそうになって宿帰ってダラダラして夕方頃から外出。

 

 

リキシャでダシャーシュワメード・ガートまで(30ルピー)


ここはメインガートであると言うこともあって、多くの物売りや商店が存在している。

その分外国人観光客も多い為、ぼったくってだまし取ろうとするヤツも多い。

 

f:id:kagabushintaro:20160704060048j:plain

 


1年前バラナシに来た時この価格戦争が意外にツボで楽しく、毎日のように商店に通い物売りのおっさん達と値段の戦争をしていた。
最初から買う気なんてないけど、初めの言い値からどれくらい下がるのかと交渉が気持ち良かった。


今考えたら子供のイタズラみたいなもんで情けない話だけれど・・。

 

 

 


まあでも久しぶりに来たから、、いらないけど・・・やっちゃうか!ということで1年前にきた懐かしのお店に来て交渉開始。

 


ここのお店は親父と子供が経営している絹を主に扱った洋服屋さん。

親父は全く興味ないけどこの中学生くらいの子供が英語ペラペラで日本語もまあまあ話せて、何と言っても売る技術が半端なく上手い。
今回は親父もいなくて一人しかいなかった。

 

↓一年前

f:id:kagabushintaro:20160704060625j:plain

 

 

 


久しぶりの再会であっちも僕たちの顔を覚えていて少し嬉しくなったけど、すぐに「これはいくらだ」と商人魂を見せてくる。

 

 

今回押してきたのはシルク100パーセントのスカーフ。


とりあえずスタートは850ルピー。

 

マッチを持ってきてスカーフの端側を焼き始め、「蚕の匂いがする方が本物で臭い方が偽物」とこれが本物であることを説明される。

確かに違いは歴然で触り心地も全く違う。

 


「君たち二人は古株だ。1年前も来てくれたし俺はぼったくりたくはない。他の人は1000以上って言ってから値段をどんどん下げていくけど、俺は友達の二人にそんなことはしたくない。800でラストプライスだよ。色はたくさんあるけど何がいい?」

 

 

さすが中学生位で店を任されてるだけのことはある。というか昨日同じようなスカーフを1400ルピーで売ってきたヤツがいたから本当に安いのかな・・


どんどん彼の話術にはまっていく。

 

f:id:kagabushintaro:20160704060151j:plain

 

 


「もし二つ買うなら少しだけ割引できるよ!二つで1500。どう?安いでしょ!」

 

ここで押されたら終わりだ。

 

「高すぎるな。300あたりでどう?」

 

800から300へ一撃急降下して中学生も少し苦笑いを見せた。


「それはダメだよ。もうこれがラストプライスなんだ。他のお店にも聞いてみな。これはローカル価格だよ」

 

親父も帰ってきて同じようなことを言ってきた。

 

「一番安いコルクシャツはいくら?」

 

「150ルピーだよ」

 

3つ買うからもうちょい負けてよ!とダダこねて30分近くいたら、最終的にコルクシャツは変わらなかったけどスカーフは二つで700になった。

 

まあ元からあまり欲しいものでもなかったので、こんなにやってもらったのにごめんねと言って店を後にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し歩くと、こちらもまた1年前に会った目が少しイってるおじさん登場。


このお店に転がり込みスカーフの交渉を始めた。

 

 

「さっきのお店はラストプライスが二つで700って言ってたよ。だから頑張ってねおじさん」

 

f:id:kagabushintaro:20160704060145j:plain

 

f:id:kagabushintaro:20160704060215j:plain

 


「任せてくれ。because you are my 友達。グットプライス」


真剣な顔をして変な日本語と英語を繋げてくる。その話し方が面白すぎて交渉どころじゃない。

喉乾いたと言ったらコーラ二人分持ってきてくれるし、ギャラリーも集まってきて腕相撲したりして交渉というか遊ぶ。

 

f:id:kagabushintaro:20160704060214j:plain


粘ったらシルクが二つで500。コルクシャツが100になった。

あんまり欲しい訳じゃなかったしおそらくまだおじさんに利益はあると思うけど、面白すぎて買ってしまった。

 

最後に記念撮影。

 

f:id:kagabushintaro:20160704060159j:plain

 

おじさんは目がイってます。でも好きです。

 


また来年会おうと約束しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周ブログ村に参加しています。

このバナーをクリックすると僕に一票が入るみたいなのでお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

相棒のインスタもお願いします。

 

www.instagram.com

インド名物、バラナシ

6月28日
(バラナシ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜12時前に着く予定だった電車は、ムガルサライ駅まであと10キロという所で止まり2時間ほど立ち往生して夜中の2時過ぎにムガルサライ駅に到着。

深夜のトゥクトゥクを捕まえてバラナシに予約した宿まで20キロ(250ルピー)

 

 

f:id:kagabushintaro:20160703022935j:plain

 

f:id:kagabushintaro:20160703022934j:plain

 

 

 

 

 

 

バラナシのガンガー近くで死んだ人は輪廻から解脱できると言われていて、毎日多くの死体がインド中から運ばれてくるヒンドゥー教の一大聖地バラナシ。

 

2回目のインドに行くと決まって、一番行きたい所はどこと聞かれたら間違いなくバラナシと答える。

 


騙す奴が多いとか、町が汚いとか、宗教を大切にしているとかいいことも悪いことも全部含めて一番インドらしい町だと個人的には思う。

ツッコミ所満載なのだけどある一方ではガンジス川の聖地として宗教を大切にしているところも見れてとにかく町を歩いていて飽きない。



 

 

 

 

 


僕らの宿はASSI ガートという所。

ガートとは傾斜した階段状の沐浴場のこと。

 

昼過ぎに起き、早速ガートに行って1年ぶりのガンガーを拝みに行く。

 

f:id:kagabushintaro:20160703023157j:plain

 

f:id:kagabushintaro:20160703023230j:plain

 


ガートからのガンジス川は圧巻。

見ていても全く飽きないし気分を落ち着かせてくれる。

 


遠くから見ると綺麗だけど近くで見るとものすごく汚い。


死体も流されていて大腸菌レベルはインド政府が定める標準値の100倍ほどらしく、世界一汚い川と言われている・・。

 

 

 

 

 

 

 

ASSIガートから3キロ位のところにあるメインのガートであるダシャーシュワメード・ガートへ。

 

 


「200ルピー!一人100ずつで二人で200!さ、乗って」

 


とバラナシ名物の一つ、嘘つきオーバーチャージリキシャおっちゃん達は必ず最初にありえない額をふっかけてくる。


200ルピーって300円。

 


3キロの距離を贅沢に観光しながら人力車で移動するって考えたら凄く安いかもしれないけど、バラナシ価格からしたら高すぎる。
必ずローカル価格ってのがあって、現地のインド人が使うときにはありえないくらい値段が下がる。

 

 

「いやー、高いなあ。もうちょい負けて」

 


「うーん分かったよ!150でどう?お前らは俺の友達だからトモダチプライスで提供してあげるよ!よし、来い!!」

 


インド人得意の、初めて会ったばっかりの奴にすぐ友達って言う口先トモダチ攻撃が始まる。

 


「高いからもういいや。またね」

 

 


と去ろうとすると、

 

「ちょっと待てー!分かった分かった!全部で100でいいよもう!マジでこれ以上は下げれない!ハイ決まり!」

 

 


ラストプライス宣言を出してお客さんを逃がさない戦法。200から100という自分の最初の価格から半額まで持っていきお得感を与える。

ぼったくっていて悔しいけどインド人は本当にこういう口先が上手いと思う。

 


でもぼったくりには死んでも負けたくない。

 

 


次にやったのは近くのリキシャのおっさんに同じことを話して、

 

「あいつは100って言ってたけど、どう?もうちょい安くできる?」

 


するとあっさり、

「80だ!行くぞ!」

 

とどんどん安くなっていく。

 


さっき話してたおっちゃんが駆け足で来て、「60!」とか言ってライバル同士で価格競争が生まれてきた。

 

長々と「もう少し安くしろ」だのどうのこうの揉めて、どちらのリキシャも絶対に僕たちを逃したくないと彼らが思っている時に敢えて離れてみる。

 


「やっぱりいいや。じゃあね。」

 

 

と帰ろうとすると「待て待て!!」とまた値段が安くなる。

 

こんなことを何回か繰り返してたら最後におそらくローカルプライスであろう30ルピー(45円)という値段が出てきた。

 

 

 

 

 


200ルピーから30ルピーですよ!!!(´Д` )

 

額は小さいけどぼったくりの幅がでかすぎるウ!!!!

 

 

 


もう何言われようと宿からメインガートまでは絶対に30で行ってやると決めた。

 

 

f:id:kagabushintaro:20160703023340j:plain

 

 

でもリキシャの仕事は相当きつそうだ。

 

大雨だったムンバイとは裏腹に、バラナシは晴天で40度は軽くある。
道路が完璧に舗装されておらず砂煙りや坂道があり、大量にいる牛のせいで止まることも多くリキシャのおっちゃんは汗だくだ。

 

男二人を乗せ死ぬ思いをしながら全体重でペダルを20分漕ぎ続けた対価が30ルピー。(45円)

僕らが歩く度に喉乾いて買う600MLのジュースが35ルピーだから、こんな思いをして3キロ漕いでもジュースすら飲めないということになる。

 

f:id:kagabushintaro:20160703023438j:plain

 


そんなことを考えたらこのおっちゃん達が外国人からぼったくりたいってのも分からなくはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダシャーシュワメード・ガートへと続く道は大混雑。この辺りは日本語を巧みに使えるインド人も多く、多くの勧誘がある。


俺の絹を買え。葉っぱいるか。写真を撮ってやろう。笛を買え。船に乗れだのと流暢な日本語を使って話しかけられる。

こんなに話しかけられると逆に自分たちが有名人になった気分で悪い気はしないけれど。

 

 

f:id:kagabushintaro:20160703030043j:plain

 

 

ダシャーシュワメード・ガートでは、毎日日没になると神像礼拝の儀礼である「プージャ」というものが1時間ほど行われる。

 

f:id:kagabushintaro:20160703030032j:plain

 

地元のお兄ちゃんが雨が降っても雷が鳴っても毎日やると言ってたから驚き。

 

 

f:id:kagabushintaro:20160703030100j:plain

 

30で宿まで帰りオールして、朝日を見に行きます。

 

 

 

 

 

 

世界一周ブログ村に参加しています。

このバナーをクリックすると僕に一票が入るみたいなのでお願いします。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

 

相棒のインスタもお願いします。

 

www.instagram.com

ムガルサライ!!

6月27日

(ムンバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝から腹痛が止まらない。


昨日の夜も一昨日に行ったサービスが良かったレストランに行った。のがいけなかったのか、腹痛はどんどん強くなって腹が常にビクビクしている。

 

 


トイレットペーパーを握りしめ、メトロ乗り相撲して再びムンバイCST駅のカウンターへ。

 

f:id:kagabushintaro:20160701055203j:plain

 


昨日のバラナシ行きの2席は余っているのかと確認したら、電車は15時間遅れらしく、もしそれに乗るならムンバイにもう一泊してから乗らなければいけないとのこと。


3日にコルカタを出るチケットを買ったから、それまでにバラナシを観光するとなるともう今日ムンバイを出ないと結構厳しい。

 

 

 

「なんか他の電車ないのー?」

 

 

 

「んー、ちょっと待ってね。あ。あったよ!ただこの電車はバラナシ駅じゃなくてバラナシから20キロくらい離れているムガルサライ駅って所に着くんだけどいい?」

 

 

ムガルサライ!!!

1年前僕達がバラナシ入りする時に使ったでかい駅だ。名前が戦国武将っぽいかっこいい名前で覚えていた。

 

 

「全然おっけー!それでヨロシク!!」

 

 

電車は今日の夜9時半発で明日の夜11時半着の予定。


もし昨日パスポート持ってきてて予約完了していたらムンバイにもう一泊しなきゃいけなかったって考えると危ない・・。

 

 

 

 

 

 


まあ結果オーライということで、駅でう◯こぶちまかして気分上げて今日こそ観光しよー!と思ったけど雨。

 


ムンバイ!!!!!

もう嫌いだ。何しに来たんだムンバイ。相撲か。

 

 

とりあえず家の近くまで行き、カフェみたいなのがあったので入った。

 

f:id:kagabushintaro:20160701055303j:plain

 


ビールがあったので一杯。

230ルピー!!ゴアでは40ルピーだったのに。

 

f:id:kagabushintaro:20160701055252j:plain


裏をよく見てみると販売価格125ルピーってモロ書かれてるのに倍で提供するっていい度胸してるな・・。

 

 

f:id:kagabushintaro:20160701055256j:plain

 


少し酔っ払って雨に濡れながら家の近くにあったサブウェイに。


死ぬほど美味い。カレーしか喰ってこなかった体にファーストフードほどしみるものはない。

 

 

 

雨が酷すぎるので宿帰ってダラダラしてまたムンバイCSTへ行き9時半に電車出発進行。

 

まあムンバイには少しがっかりです・・。

 

f:id:kagabushintaro:20160701055400j:plain

 

 


ムンバイ来てからずっと続いている腹痛なんですけど、昨日今日で30回以上はトイレと戦ってるんですが一向に良くなりません。

トイレットペーパーで拭きすぎて拭くたびに痛いってもんじゃなくもう死にそうに・・。

 


深夜電車で漏らしたら下痢侍ですね。頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周ブログ村に参加しています。

このバナーをクリックすると僕に一票が入るみたいなのでお願いします。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

相棒のインスタもお願いします。

KOKI SHINOZAKI🇯🇵 (@shinocame) • Instagram photos and videos

ムンバイの電車、乗車率何パーセント?

6月26日

(ムンバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝からひどい腹痛でトイレに何回も行った。


おそらくインド旅一、いやこのアジア旅一の腹痛かもしれない。

昨日のサービス満点のレストランのカレーがあたったのかな・・。

 

 

 


とりあえず今日はムンバイまでの鉄道のチケットしか買ってなかったので、バラナシ行きのとそこからコルカタ行きのチケットを買わなければいけない。


今日も雨。

 


ムンバイCST駅へメトロとローカルトレインを乗り継ぐ。

ローカルトレインの勢いは昨日が夜だったからか、格段に凄くなっていた。

 

 

 

f:id:kagabushintaro:20160630205220j:plain

 

 


常に誰かが押しては場所を確保しようとし、その空いたスペースにまたみんなで体当たり!

とにかく電車の中で相撲が行われている。

ドアが全空きなので、相撲で負けて外の方に追いやられたドア側の人は今にも落ちそうで本当に危ない。

 

f:id:kagabushintaro:20160630205321j:plain

 

f:id:kagabushintaro:20160630205721j:plain

 

 


乗り降りする際が特に酷く、まず出る人々が馬のように体当たりをして入り口付近にいる人たちを蹴散らし、波が去ったら今度は入る人が場所を確保しようと叫びながら入ってくる。

降りるのが少しでも遅れると、奇声をあげながら入ってくる人たちに負けて降りることはできないだろうな・・

 


あまりにも酷すぎて相撲の写真は撮ることができませんでした(´Д` )


というか降りたくない駅で強制的に振り落とされ電車が僕を置いて行ってしまうところでした・・。

こうきは電車に乗ろうとしたらいろんなヤツに踏まれてサンダルが片方ホームに持って行かれました。

 

 

 

f:id:kagabushintaro:20160630205611j:plain

 

 

 

 


乗るだけで一苦労のローカルトレインを乗り終え、ようやくムンバイCSTに到着。

 

すぐさま外国人専用のカウンターへ。

ここからバラナシへの電車は、明後日になった夜の12時ちょいに発車して、28時間ほど乗り29日の朝4時半に着くというなかなかハードなコース。


3Aクラスがもうなくて2Aがちょうど2席空いているというので、仕方ないからそれでお願いした。

 


「パスポート見せて」

 


「オッケー!ちょっとまってね!あれ!!?ない!パスポートがない!!ああああ!宿に預けたままだったあああ!!」

 

二人とも宿のオーナーに昨日預けたままでまだ返してもらってないままだった。

 

「おばちゃん、パスポートなしで予約できない?お金払うから。俺ら明日絶対に乗らなきゃいけないんだよ。」

 

「いやー、ダメだな。ごめんね。また明日来て!誰にも取られなかったらいいね!」

 

 

 

失態。


もう明日また来て取り直すしかないな・・。誰にも取られてなかったらいいんだけどな・・


雨が少し弱くなってきたので気をとりなおしてムンバイ観光でも行こうということで南の方に歩いていく。

 

 

f:id:kagabushintaro:20160630204214j:plain

 

 

 

ムンバイを何故か過剰評価していた僕らからしたら少し残念な街並みだった。


普通に臭いし、ゴミだらけ。なんなら牛も普通に道路にいて隣には糞。

 

f:id:kagabushintaro:20160630204324j:plain

 

 

普通のインドを少し都会にしただけって感じ。


街を歩き始めて20分くらい、また雨が降ってきた。普通の雨じゃなくてスコールみたいな雨。

しばらく雨宿りしてたけど、全く止む気配が無いのでバスを捕まえてCST駅まで戻ることに。(8ルピー)

 

f:id:kagabushintaro:20160630204748j:plain

 


またローカルトレインに乗って相撲をしてDADARという駅で下車。

 

f:id:kagabushintaro:20160630204842j:plain

 

 

雨の中わざわざ相撲までしてこの駅に来た理由はただ一つ。

 

 

 

 

 

 

f:id:kagabushintaro:20160630205003j:plain

 

f:id:kagabushintaro:20160630205226j:plain

 

 

ヤンゴンを出て2週間。スリランカからカレーしか食べてきませんでした。

というかカレーしかメニューにありませんでした。

 

お陰様で自分の息やう◯こからもカレーの匂いがするようになってきていて正直飽きてました。

インドのカレーは美味しいから嫌ではないんだけど、毎回となると流石に飽きてくる。

 


そこからのスパイシーチキンバーガーにセットでポテトコーラLサイズですよ。しかも今日一食目。

今ならどんなに高価な料理が出てきても、こっちが美味いって言える自信ある。

 

 


男二人無言でムシャムシャと秒で食べました。

おそらく人生で一番美味しいんじゃないかと思ったマック。香港でもう二度と食いたくないと言ってた自分を今殴りたい。

 

 


相変わらず雨はひどかったので、しばらくそのマックで余韻に浸り宿へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周ブログ村に参加しています。

このバナーをクリックすると僕に一票が入るみたいなのでお願いします。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

 

相棒のインスタもお願いします。

KOKI SHINOZAKI🇯🇵 (@shinocame) • Instagram photos and videos